« B-Ⅰ修理日記 定番の故障箇所 | メイン

2010年8月17日 (火)

B-Ⅰ修理日記 ご申告どおりの症状が..

気分よく音楽を聴いていたところ、

左チャンネルから音が途切れ、

その5分後にはカチンとプロテクタが動作し、

その後も「カチン、カチン」と、リレーがON/OFFを繰り返したり...

あちゃ~、申告どおり。 

どこが悪いんやろ???????

スピーカリレーが動作しているのですが、出力にDC成分が出力されているなどの異常は無いようです。

とりあえず、以前経験していたドライバの正負電源の正常性を検出するための抵抗等をチェックしました。

経年劣化でだいぶ値が増加しており10%の誤差を超えています。発熱すると、もっと抵抗が上昇するので検出閾値あたりでカチンカチンと動作するのでは、と想定。

また、進工業製の抵抗も抵抗値変化や抵抗体からのリード外れが過去にあったので交換。

Blog12v25v

交換して再度調整を行い動作させてみましたが、すぐに再現。cryingcrying

負電源回路の電圧を監視しているトランジスタの増幅率をチェックしたところ、1つだけ大幅に増幅率が低下しているものを発見。きっとコレコレ。happy01 

念のために同じ型番のトランジスタや関連するトランジスタも、ついでに交換。

再度調整を行い、動作確認したところ、リレーのカチンカチンが無くなり、音も正常になったことを確認したのでした。scissors

しか~~し、

小1時間ほどすると右側のチャンネルの音が歪んでいることが判明。

それも時間と共に大きく歪んできます。

ん~、なんだこりゃ厄介だぞ。pout

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394704/24684905

B-Ⅰ修理日記 ご申告どおりの症状が..を参照しているブログ:

コメント

で… 症状を小出しにするB-I君ですね^^ 

アレンさん
ご無沙汰いたしております。いつもコメントありがとうございます。

記事まで小出しになってしまってましてcoldsweats01 失礼sign03

このB-I君、ホントに直ったと思ったら次から次へと故障が見つかって、結構勉強させてもらいました。good

つい先日、しょーもない故障で時間が掛かったB-Iがありましたので、この修理日記の後にでもご紹介したいと思います。

お楽しみにsign02

ひろさん、ご無沙汰です。
空き家状態だと蜘蛛の巣だらけになっちゃいますぇ。

最近C-1の基板が2種類あってシリアル番号1700番台で区切られることが判明しました!って今更???

回路がマニュアルどおりなのは、1700のはじめごろまでで、以降はLJ13が省かれ回路が変更されています。
ご存知だったかも知れないですね。
失礼しました。

今年はお世話になりました。
調子良く聴いています。
ここのレストア記事を読んでいると、
壊してはいけないという精神的なプレッシャーをものすごく感じてしまいます。
今もドキドキ、、
また来年もよろしくお願いいたします。

ひろさん、明けましておめでとうございます。
昨年は、B‐Ⅰ君を復活させて頂き、本当にありがとうございました。B‐Ⅰ君は、今の季節で更に絶好調!ノントラブルで年を越しました。
今年もご活躍を祈念しております。

コメントを投稿