« 2010年3月 | メイン | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月 6日 (火)

悩んで悩んでお譲りすることに...

レストア日記2009は如何でしたか?

レストア完了後、3か月程度が経ちますが、ケミコン類をはじめ、部品類のエージングも進み元々の押しのある音に加えて角が取れた大変聞きやすい音になってきたと感じています。(あくまで主観ですが)

家族がいないときは音量を上げて聞いていますが、大音量の場合はB-Ⅰの本領発揮という感じで能率の低いスピーカも難なくドライブできているのが分かります。

ところで、我が家には他の不動のB-Ⅰと今回のレストア機、及び部品や測定器類が和室を占領し家族の大顰蹙をかっています。なんとかしないと和室に入れません。要するに足の踏み場もないという状況crying

で、このレストア機をどうしようかずっと悩んだのですが、B-Ⅰに興味のある方にお譲りしようと思っています。

3か月の保証を付けて、価格を295,000円に設定致します。

もし、今週10日(土)までにお申し出が無ければオークション上で299,800円で出品します。

私としては、できれば殺伐としたオークションの場ではなくて、購入の意思のある方とちゃんとコミュニケーションをとってB-Ⅰ・UC-Ⅰを嫁に出したいのです。

では、このB-Ⅰを総括しますと、レストアで新品にした部品総数が383点sign03です。

以下、その内訳です。

IC:2個
トランジスタ(FET):7個
トランジスタ(バイポーラ):128個
ダイオード:33個
固定抵抗:79個
半固定抵抗:12個
ケミコン、タンタルコン:49個
フィルムコン、セラミックコン:61個
リレー6個
その他:6点(スイッチ、豆球)

不良箇所を確定した上でこれらを交換し、最終調整に動作試験、特性の測定まで行いました。ブログ記事にも書いているとおり基板の洗浄や内部の清掃も行っています。

部品を新品に替えれば、その初期不良が想定されますが、完了後の3か月間では特に問題は発生していません。あと3か月は様子を見る必要があるという意味で3か月の保証を付けたいと思います。(ただし、内部に手をを入れないという条件だけは付けさせて下さい)

もちろん、その後に不調が発生した場合も相談に乗らさせて頂きます。

ちなみに、上記の価格ですが私はレストアが本業ではなく趣味でやっていますので技術料とかは含んでいません。
もし含めるとなるとレストアに要した時間が100時間以上になるので、仮にコンビニのバイト代で計算したとしてもトンデモナイ価格になってしまいます。しかし、上記の価格を下げると持ち出しになってしまいます。coldsweats02

このB-Ⅰの目玉は、もうおわかりですよね。

①初段のYAMAHAのFETであるYJ1200がオリジナルと同じ新品であること

②最近故障が増加傾向にある終段電源用ケミコンが新品であること

です!

レストアの内容はこのブログを読んでみて頂ければと思いますが、外観とかの説明が若干不足気味でしたので、以下に説明を加えます。

Photo

古いシリアル番号にしては比較的綺麗な方だと思います。

しかし、UC-Ⅰの左側角の上下に当り傷、B-Ⅰ本体の上面の左右角に細かい傷、ボリュームの1つに小さなあたりがあります。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5背面にコンセントのあるタイプです

お譲りするのは、B-Ⅰ本体とUC-Ⅰ。それに測定結果グラフ、B-ⅠカタログとB-Ⅰ取扱説明書のコピーです。B-Ⅰ本体には3ヶ月の動作保証を付けます。

では、ご連絡お待ちいたしております。

2010年4月 1日 (木)

レストア日記2009(完) ドキドキ測定

レストア日記2009を表題どおり2009年度中に書き終える目標でしたが、1日ずれ込んでしまいました。wobbly

レストアの完成後は早速測定です。楽しみでもあり、ちょっとドキドキheart01する測定です。

測定する際は所有しているDALE製6Ω150Wの純抵抗を擬似負荷(ダミーロード)としてスピーカ端子に接続して行います。B-Ⅰにとっては、8Ωより更に電流供給能力を試される厳しい負荷条件です。

レストア前より特性が劣化していると当然ながらガッカリするものですが、早速結果を紹介しましょう。

擬似負荷は6Ω純抵抗ですので、0.1W時は擬似負荷の両端に実効値で0.77V、150W時は30Vの電圧が現れますので、その時の歪率を測定します。

【右チャンネル】
           100Hz      1kHz      10kHz       20kHz

0.1W      0.020%    0.021%    0.021%    0.019%

1.0W      0.004%    0.005%    0.008%    0.007%

10W      0.005%    0.005%    0.013%    0.014%

75W      0.007%    0.007%    0.024%    0.018%

150W      0.011%    0.012%    0.025%    0.019%

【左チャンネル】

         100Hz     1kHz      10kHz     20kHz

0.1W      0.013%    0.014%    0.015%    0.014%

1.0W      0.007%    0.008%    0.006%    0.006%

10W      0.006%    0.012%    0.026%    0.015%

75W      0.021%    0.024%    0.048%    0.031%

150W      0.030%    0.027%    0.048%    0.034%

右チャンネルは初段FETのYJ1200交換後に大きく歪率が改善しました。交換前は0.1%近かったのですが。

概ね良好な値で安心しました。

もちろん、交流バランス(普通のアンプには無い調整です)とバイアス電流を何度も調整し、歪率が最良となるようにします。

150W時も75W時と比較して歪率はあまり変わりません。

ということはもっと出力が出るかも。

じゃぁ、このB-Ⅰはどの程度まで出力が出せるのかな??

とりあえず、やってみました。

左チャンネルが1kHz正弦波実効値で37~38V、右チャンネルが38V出ましたので230-240Wの電力を擬似負荷に叩き込んでいることになります。もちろん歪率悪化前の値です。

素子をパラにしていないシングルプッシュでの実力としては驚異的ですsign03

いやはや、B-Ⅰ君、スゴすぎheart02

その時のUC-Ⅰ表示と、クリップし始めたとき(歪率:1.0~2.0%)の波形写真を掲載します。

Photo

Photo

この状態だと、擬似負荷の容量を大きくオーバーしますし、負荷電流も5Aを超えますので短時間の試験になります。ただし、150W出力については連続30分の試験をしておきました。

周波数特性ですが、-3dBとなる帯域(注)は、おおよそ4Hz~150kHzといったところですが、低域は測定器の限界かもしれません。

注:電力出力レベルの基準を0dBとした場合、出力が半分となる周波数帯域です。  -10dBの場合は1/10、

 -20dBの場合は1/100となります。  ちなみに、電圧の場合は「-6dB」が半分となる電圧です。

これでレストア日記2009を終わります。