« レストア日記2009 筐体取り付け部品の整備 | メイン | レストア日記2009(完) ドキドキ測定 »

2010年3月30日 (火)

レストア日記2009 UC-Ⅰの整備

B-Ⅰ本体の整備が終わったので、UC-Ⅰを整備します。

30年経過したUC-Ⅰで間違いなく劣化しているのは、LEDを前面パネルに押さえつけているウレタンスポンジでしょう。下の写真のようにボロボロになっていて、前面からLEDが落ちたような状態になっているはずです。wobbly

照明用豆球は切れていませんが、近々切れる可能性も高いので指定された定格の新品豆球に交換しておきます。

Ucled 劣化したスポンジと交換する豆球(メータの下の4個)

上記のLED基板は、放置すると基板の電源端子部分がシャーシと接触ショートし、B-Ⅰ本体側も故障する可能性があります。よ

って放置はできませんので、この現象のある方(殆どが該当すると思います)は早めに修理してもらうことをお勧めします。happy01

最初は前面パネルにLEDを接着しようとも思いましたが、オリジナルに忠実に新しいウレタンスポンジにて同様にLEDを前面パネルに押さえつけました。

下の写真が交換後です。

Ucled_2

UC-Ⅰの接点も音楽信号が通りますので軽く磨いておきます。

Uci

回路部分については、過去、メータ回路用トランジスタの不良(ノイズ発生)により入力が無い場合もメータが若干振れてしまう不具合がありましたので、念のために全てのIC、トランジスタ、コンデンサの交換を行いました。

Uc 使用半導体

TA7129は、B-Ⅰ,UC-Ⅰで使用される唯一のICです。入手は難しいのですが手持ちの新品がありますので、それに交換します。このICは対数アンプ用に使用されており、トランジスタと抵抗から成るシンプルな構成の比較的初期のICです。

Uc_2 基板整備後

UC-Ⅰは、擬似負荷を接続した状態で1W,10W,150Wの3点で調整するようになっています。

UC-Ⅰの出力表示は8Ωの負荷を接続した場合のその両端に発生する電圧を内部の対数アンプで対数圧縮して表示する仕組みです。よって、擬似負荷には8Ωの抵抗を接続して調整しなければなりませんが、私の持っている擬似負荷は6Ωですので、75Wの表示の場合は実際は100Wが出力されていることになってしまいます。従って、調整の際は8Ω換算した表示値とする必要があります。

この回路で交換した部品は以下の写真の通りです。メータ照明用豆球も含めて合計43個です。全て新品に交換しています。

Uc

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394704/23730734

レストア日記2009 UC-Ⅰの整備を参照しているブログ:

コメント

ひろさん 

6Ωで直読みするようには調節できるんでしょうか?

アレンさん
いつもコメントありがとうございます。happy01

調節できますよ。scissors
UC-Ⅰは規定負荷を接続した出力端の両端電圧をメータ指示していますので、できます。
6Ω負荷時は同じ出力でもメータ指示が低くなりますので、その分を調整すればOKですsign03

コメントを投稿