« レストア日記2009 大きなケミコンの交換 | メイン | レストア日記2009 2SK77ユニットの整備 »

2010年2月28日 (日)

レストア日記2009 電源スイッチ回路

さて、下の写真の基板はどこに実装されているでしょう?

Sw

この基板は裏面を開けても見ることはできません。電源ケミコンのカバーを開けると見ることができます。

B-Iでは、前面の小さなスイッチで2台の大きなトランスの電源をON/OFFしているのではなく、この回路が制御するOMRON製の大きなリレーでトランスの電源をON/OFFしています。

従って、この回路が不調となると「電源が入らない」とか、「電源は入るけど切れない」と言った不具合が発生します。

今回は全ての部品を交換し、パターン面も洗浄しました。こんな回路に使用するのはもったいないのですが、手持ちが無かったのでケミコンはミューズを使用しています。

Sw_2

かなり綺麗shineになったと思います。

元々が無線技術屋で、大電力短波送信機の高周波回路等の整備をしていたせいか、どうしても外観よりこのような見えない所に力が入ってしまいます。coldsweats01

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394704/23454301

レストア日記2009 電源スイッチ回路を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿