« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月20日 (金)

レストア日記2009 連載開始♪

すっかり遅くなってしまいましたが、8月にお知らせしていたB-Iのレストア日記を「レストア日記2009」として開始したいと思います。

B-Ⅰは1974年の発売開始から既に35年が経過していますので、もう立派なビンテージオーディオ機器ですね。

他の35年経過したフツーのアンプと決定的に違うのは、日本の半導体アンプ史上、極めて大きな足跡を残したアンプだということでしょう。その証拠に国立科学博物館の産業遺産データベースにも登録されています。そのデータベースには、「それまでパワー増幅半導体素子としてトランジスタ位しか無かった時代に新しいパワー素子がオーディオ用として開発された事は画期的な事であった」と掲載されています。

このパワー増幅素子は前回記事で紹介した2SK77というSIT(ソニーはV-FETと称していました)で、通常のメタルキャン型パワートランジスタを2回り位も大型にした、3極管と似たような特性(不飽和特性など)を持つ素子です。ドレイン損失は200Wsign03もあります。

終段用素子だけでなく、ドライバ用中電力用素子や小信号増幅用のSITもほぼ同時にB-Ⅰのために開発されています。更には、回路までも新しい発想により開発された対称型回路です。

発売から35年も経過しますので、最近は正常に動作するB-Ⅰはますます少なくなり、このままでは本当に産業遺産としてデータベース上だけのものとなってしまうことは時間の問題です。(危機感coldsweats02

同時期にSONYからもSITを使用したアンプが発売されていますが、N型とP型のコンプリメンタリによる回路で、2~3組を並列に接続された構成です。

一方B-Ⅰは、N型のみのシングルエンドプッシュプル構成で150Wが得られる構成でペア取りも容易で、損失不足を補うためのパラ接続もされていないのでFETの並列接続による問題も回避できます。

ここ1~2年でB-Ⅰを2~3台、オリジナルを損なわない範囲で徹底的に新しい部品に交換してきました。

特に、夏まで連載の「お預かり日記」では、終段ケミコンとYAMAHAオリジナルの初段FETの交換により古くなったB-Ⅰを復活させたことをご紹介しましたが、B-Ⅰ発売当時の本来の音が蘇ったと言えるほど十分な効果が確認できたので、今回もそれを踏襲したいと思います。

次回は、改めてレストアの方針を整理して記載したいと思います。happy01