« B-I 博物館1 | メイン | B-I 博物館2 »

2009年10月 3日 (土)

縦型FET博物館:2SJ28/2SK82

久しぶりの縦型FET博物館です。

今回は、SONYのパワーFET第二弾の2SJ28/2SK82のご紹介です。

あまり有名な縦型FETではありません。

SONYの歴史的アンプに使用されていることを知ってる人もさほど多くはないと思います。

アナログ増幅器はAB級にしろB級にしろ、一定の電力が無駄となって熱に変換されて放熱されています。最近はスイッチングアンプと称してD級増幅アンプが普及しつつありますが、その先駆けとなったのが1977年にSONYから発表されたTA-N88というアンプです。薄さ80mm程度の筐体で片チャンネル250Wを出すことができました。電源もスイッチング電源です。

このスイッチングアンプに採用されていたのがここで紹介する2SJ28/2SK82という縦型FETです。

        Dsc02936 

規格は良く分かりませんが、あるページによるとVDDが240V、ドレイン損失は95Wもあるようですので、普通のアナログ式パワーアンプでも使いやすいと思われます。

この石は、1998年頃だったか○松通商にふらっと立ち寄ったところ、コンプリメンタリであるかどうかも全く書かれず、縦型FETであることも書かれずに、大量に販売されていました。

はっきりとは覚えてませんが、1個1500円~2000円くらいだったかと思います。どんなFETか全く分からなかったので、買って帰りすぐに測定して不飽和特性であることを確認した次第です。

半導体メーカは、通常はディスコンと同時に在庫半導体を全て潰すはずですので、恐らく、どこかのセットメーカーかディーラーに残っていた分の放出品だと思います。それが何らかのルートで○松通商に回ってきたのでしょう。

上記を除いて、この2SJ28/2SK82がショップで販売されたことは無いと思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394704/21809031

縦型FET博物館:2SJ28/2SK82を参照しているブログ:

コメント

小生の生前がらくたの整理をしていてこのFETが出てきて仕様がが解らず貴殿のページにたどり着きました。
おっしゃるとおり若〇通商で購入したかもしれません。なつかしかったです。

V-FETで検索していたらこのサイトがでました。ドイツ在住です。SONYのV-FETアンプをebayで検索していたら故障品がゲットできたのです。
いま修理して使っています。
満足です、繊細な音と踵腓電力が少ない?(ケースが熱くならない)
だれも知らない製品です

コメントを投稿