« 部品の頒布要望はご勘弁お願いいたします | メイン | B-I お預かり日記12  最終回 »

2009年9月19日 (土)

B-I お預かり日記11 楽しい測定♪

懸案は全て取り去りました。

さぁ、測定です。heart02

いつも測定の時はそうなんですが、自分が身体測定を受けるような感じがします。

調子が悪いところがあると、なんだか、再検査の通知を受けたような気分になってしまい、落ち込むんです。coldsweats02

測定の前には、再度BIASとP-Pバランスを調整しますが、ここがB-Iの歪率特性を良くも悪くもします。要するに腕の見せ所ですね。他の調整に比べて時間もかかります。

では、早速調整結果を発表しまぁすsign03

          No25662

上の特性グラフの青線が調整後のものです。低出力域(0.02W~1W)の歪率が大幅に改善したのが分かると思います。

B-Iの特性では、10KHzあたりが最も悪いので、他の周波数ではこれよりもっと良い値となります。

左チャンネルの1KHz,1Wの場合は0.006%、

右チャンネルの100Hz,2Wの場合は0.002%台

の大変素晴らしい結果となりました。

今まで修理・レストアしたB-Iの中で本機が最も良い歪率特性となりました。

修理完了した直後に測定した時は、どうなるやらと思ったものですが、後から振り返ると案外基本的な部分にその原因があることが分かりました。

では、次回はお預かり日記最終回です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394704/21463355

B-I お預かり日記11 楽しい測定♪を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿