« B-I お預かり日記7 ビンゴ!しかし... | メイン | B-I お預かり日記9 またまた問題発覚!! »

2009年8月29日 (土)

B-I お預かり日記8 基本に立ち返って

さっそく、本題に入ります。

YJ-1200を交換したことで図らずも高出力域の歪率をだいぶ改善することができましたが、低出力域はほとんど改善していません。

他に原因があるということです。

基本に立ち返って、配線の引き回しを中心に改造されている部分を確認してみます。

重たいB-Iを後ろに前にしたり、ひっくり返したりして、怪しそうなところを目視eyeで確認していきます。

歪率を測定しながら、背面に手を近づけたり遠ざけたりしたところ、歪率が大幅に変化するではありませんかっ!up いわゆるボディエフェクトです。

入力の両極性電解コンデンサをフィルムコンに替えてあるのですが、どうやらこのあたりが怪しそうbomb なことが分かりました。

ただ、それだけでは歪率悪化の原因は分かりません。

そうそう、歪の波形を見てみよう。

オーディオアナライザのモニタ出力にオシロを接続し、歪率測定モードにすると歪波形を見ることができます。

ところどころ、波形が高くなっている部分があり、その周期は電源周波数と一致するようです。pout

どうやら電源ノイズが重畳しているようですね。wobbly

このフィルムコンは大きいため、基板には乗せることができず、大きくはみ出して空いているスペースに収めてあります。coldsweats02 (下の写真)

       Dsc07423

フィルムコンのすぐそばには電源用ヒューズがあります。間隔は空いておらず、電源ヒューズケースにフィルムコンの外皮が接触しています。 この接触による静電容量による結合、および電源ケーブルからの電磁誘導は避けられないでしょう。

ということは、この配置が原因のようです。flair

このフィルムコンを何とか基板近くに持って来れないか考えましたが、相当無理があるようです。

ちょっとこれは余談ですが、同じB-Iでも

sun電源ヒューズが入力基板から遠いタイプ (背面にコンセントがある前期型

cloud電源ヒューズが入力基板から近いタイプ (背面にコンセントが無い後期型

があります。

今回の経験からすると、電源からの悪影響に関しては前期型B-Iの方が有利なのかもしれませんね。

歪率悪化の原因は分かったのですが、またまた問題が.....    さてどうしよう。

続きは次回のお楽しみということで。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394704/21256585

B-I お預かり日記8 基本に立ち返ってを参照しているブログ:

コメント

窪田さんのアンプ製作の本にも入力コンデンサにフィルムを使った場合のハム対策はどうするか?みたいな内容がありました。このときはコンデンサにスズめっき線を巻いてアースに落とすと書いてありました。
力ずくな気もしますが・・・

にょさん
早速のコメントありがとうございます。
別にトランスの近くでなくても、これだけの影響があるものなんですね。良い勉強になりました。
影響は距離の2乗(だったかな?)に反比例して小さくなりますので、雑誌記事のコピー等、自作の場合は余裕をもったスペースで設計することで極めて影響を小さくすることが可能ですね。
よって、窪田氏ほど神経質にならなくてもいいような気がします。最近気になるのはAD/DAコンバータなどセット自体が小さいので、特にアナログ部分については気をつけないといけないと思います。盲点になりがちです。

次回はハムではない影響について掲載しますが、根っこは同じ問題です。

では、今後ともよろしくお願いします。

コメントを投稿