« 縦型FET博物館:2SJ26/2SK76   | メイン | 中古アンプを購入するということ その1 »

2008年8月19日 (火)

縦型FET博物館:2SJ24/2SK78

今回はYAMAHA SITの中で唯一のコンプリメンタリのドライバ用SITです。
B-Iでは2SJ24Aのみが使用されています。使用されている場所は2段目のカスコード接続差動アンプです。
じゃあ、2SK78はどこで使用されているかというと、C-Iです。それも大量に使用されています。もちろん2SJ24もC-Iで使用されていますが何故か数は少ないのです。

2SJ24A/2SK78Aです。
形状は、NECの有名な2SC959や前述の2SJ19/2SK69などと同じTO-39型です。


2SJ24/2SK78のデータシートです。大変申し訳ありませんが、これもYAMAHAの著作物ですので複製不可の文字列を入れさせて頂きました。
2SJ24/2SK78共に200Vの耐圧がありますので、かなり高出力のパワーアンプのドライバとして使用できそうです。


市販アンプでの使用例はB-I(2SJ24のみ)とC-Iくらいでしょうか。それ以外での使用例は存じ上げません。
製作記事では、1976年頃の電波科学の記事で窪田先生による2SK77のA級シングルがあり、その回路の2段目の差動アンプに2SJ24が、初段差動アンプの定電流回路に2SK78が使用されています。
市販されなかった?? ためか、製作記事にも殆ど採用例は無いようです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394704/18110284

縦型FET博物館:2SJ24/2SK78を参照しているブログ:

コメント

Do you have 2SJ24 and 2SK78 for sale ? i'm in U.S
Thanks,
Josh

コメントを投稿