« 縦型FET博物館:2SK75 | メイン | 縦型FET博物館:2SJ24/2SK78 »

2008年7月29日 (火)

縦型FET博物館:2SJ26/2SK76  

またまた間が空いちゃいました。失礼致しました。shock

今回は、YAMAHA SIT第2弾、2SJ26/2SK76の登場です。smile
ご存知の通り、YAMAHA SITアンプのB-2とB−3に使用されています。
回路図上は、B−2には2SJ26/2SK76ですが、B−3には2SJ26A/2SK76Aが使用されています。しかし、B−2の修理品では2SJ26A/2SK76Aが使用されていたりします。

以下、写真です。B−2を分解した際に取り出したものです。片チャンネルは「A」が無いもの、もう片チャンネルは「A」が付いたものが取り付けられていました。

2SJ26/2SK76です。若干焼けています。coldsweats02


2SJ26A/2SK76Aです。こちらも若干焼けています。


貴重なYAMAHA発行の2SJ26A/2SK76Aのデータシートです。大変申し訳ありませんが、YAMAHAの著作物ですので複製不可の文字列を入れさせて頂きました。sad
2SJ20/2SK70が100Vの耐圧であることに対して、こちらは150Vもありますので、パラプッシュにすることでかなりの出力が得られるでしょう。

ただ、1点不思議なことがあります。通常はAのサフィックスが付いた場合は、耐圧が上がったりしますが、逆にこの石の場合は耐圧が下がっています。VDSについて、2SJ26は200vですが、2SJ26Aは150Vなのですsign02sign01



2SJ26/2SK76はYAMAHAのアンプ以外には使用された例は無いと思います。無線と実験誌では落合萌先生とかが記事を幾つか発表されていました。

さて、価格ですが、不明です。恐らくコンプリペアで4〜5000円はしたでしょう。coldsweats02
1974〜6年頃の無線と実験を見てもD商事やW通商の広告欄には出てきません。あるアンプ製作記事中には、「晴海のオーディオショーのYAMAHAブースで購入」といった記述が見られます。あぁ〜、当時買えた人がうらやますぃ〜sign01

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394704/18110278

縦型FET博物館:2SJ26/2SK76  を参照しているブログ:

コメント

HI I'm looking for a par of 2SK76 and 2SJ26 for Yamaha B-2 ampli.
Do you have it ?
Best regards
Roberto Italy
rob.mar0@yahoo.it

コメントを投稿