« 2008年1月 | メイン | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

縦型FET博物館:2SJ18/2SK60


YAMAHA B-Iには2SK77という大きな縦型構造のパワーFETが使用されていることは、このブログをご覧の皆様はご存知のことでしょう。smile

縦型FETは1970年頃に東北大の西澤先生が開発された純国産の半導体です。smile

ちなみに、「V−FET」はこのFETが縦型構造であることを由来としてSONYが名付けたもので、SIT(静電誘導トランジスタ)が正式な名称だそうです。smile

縦型パワーFETは、数あるFETの中でも少数派で数える程の種類しか存在しません。このブログでその中のいくつかを紹介していきましょう。コンプリペアを2種類として数えた場合、手持ちだけでも20数種類ありますので写真付きで紹介したいと思います。smile

それでは、縦型FET博物館シリーズ第1回目で〜す。

なお、文章は後からも追記することがありますので、暇があったらもう一度見てみてください。

写真は、言わずと知れた、SONYの縦型FETです。lovely

このFETはSONY以外のメーカで使用された例を存じ上げませんので、もしご存知の方がいらっしゃいましたらお教えくださいね。

1974〜75年頃の無線と実験誌ではこのFETを使用したアンプの製作記事が盛んに掲載されていました。圧巻はK先生によるDCアンプシリーズで2段目の差動アンプにも2SJ18が使用されていたことです。かなり強引ですね。coldsweats02
恐らく当時は小信号用で高耐圧のPチャネルFETが無かったから仕方なく使われたのでしょう。coldsweats02

写真のFETには、「JAPAN」の文字が入っていますが、初期の2SJ18/2SK60には入っていませんでした。smile

この石の価格ですが、1975年頃の無線と実験誌を見てみるとコンプリペアで3000円前後で販売されています。それに対して、音が良いと言われる2SA649/2SD218のコンプリペアが何と900円で売られています。

ちなみに2000年頃までは、秋葉原のW通商さんで2SJ18のみですが1個500円で叩き売りされてました。せっせと買い込んで2SK60のみを海外から個人輸入してコンプリペアにしたものです。shock

2008年2月24日 (日)

B−I後継機

先日、このブログへコメントいただいた方からの情報を紹介させていただきます。
(にょさん、情報ありがとうございます。smile

YAMAHAからではありませんが、新しく設立されたデジタルドメインという会社からB-1の後継機と言っても良いSITアンプがリリースされたようです。

このデジタルドメインって会社、社長が西和彦氏なんですね。
そういえば、オクでも@*&<-%"$&#(,>?=~! shock

で、今回リリースされたSITアンプ、
その名もB−1a。お値段は105まんえんなりぃ。3月発売だそうです。

使用しているパワーFETの型番は何と2SK77Bsmileなんですねsign01

昨年?でしたか、マクソニックさんからもSITアンプがリリースされましたね。SITが見直されているのでしょう。嬉しい限りです。heart

記事は以下を参照ください。
http://www.stereosound.co.jp/hivi/detail/newsheadline_1856.html

マクソニックさんが使用されている石はSSA251Mという型番ですので、今回の石とは別物かもしれませんが、形状は似ています。
ちなみにこのSSA251Mの特性ですが、音が良くて銘球と言われる真空管の特性のようにμがビタッと一定で、ドレイン電流を15A流しても飽和する気配さえ見せない優れた特性です。恐らく2SK77Bもそうでしょうね。

進化したSITアンプの音を早く聞いてみたいっ!

それと、この石が市販されたら買っちゃうっsign01

2SK77シングル2SK77Bシングルの音比べなんて面白そうsign01sign01

西さん、2SK77Bを市販してくださいよぉsmile


2008年2月 9日 (土)

固定抵抗器は案外...

B−Iが嫁いで行って早2週間が経ちます。shock

今頃元気に音を出してくれているものと思います。

あれから、回路図をみながら抵抗器の定数に問題がありそうな所を探しました。

ありましたよ、ありましたsign01

以前のブログ(新レストア日記8)で書いたドライバ基板だけではありませんよぉ〜。wink

幸い今回お嫁に出したB−Iでは新品に交換した箇所だったのでホッとしてます。smile

恐らく数多く使用されている炭素皮膜タイプの抵抗器の定格電力は1/4型ですが、それを超える電力損失を与えている箇所がありました。ここは最低1Wを使用すべきです。ちなみに、その抵抗器はプロテクタに使用されているのですが、抵抗値が変わってしまい、なんと25%も表示値から上昇していたのでありました。coldsweats02coldsweats02coldsweats02

当面、B−Iで使用されている全ての抵抗器を交換する必要はありませんが、予防保全として交換しておいた方が良い抵抗器は複数あります。shock

ということで、今後私が整備するB-Iでは、交換対象リストにあがった抵抗器を黙って交換することになりそうです。smile